MENU

スポーツスター883でタンデム

2017年10月14日

スポーツスター883Lはメーカーが販売しているモデルはシンプルな一人乗りですが,二人乗りの装備(タンデムシート,フットレスト)があれば乗車定員2名で車検をとり登録をすることもできます。ということでタンデムをするためには,まず二人乗りの装備を入手しなければなりません。

 私がバイクを買ったときは一人乗り仕様だったので,いずれタンデムシートを買おうと思い,ふらっとヤフーオークションを見たら,たまたま,883Lとぴったりと適合するハーレー純正の革製タンデムシートが出ていたのでこれは買うしかないとポチッとしてしまいました。自分の車体に適合する部品(装備)はそう簡単には出てこないので見つけたときはチャンスです。バイクに本革シートはあまり見ませんが,ハーレーは雨がふれば濡れてしまうバイクのシートに平気で本革を使うのです。シートの交換は極めて簡単なので自分でできます。

 後にこの革製シートに合うハーレー純正のシートカバーも雨の日のために買うことになります。これは雨の日に走るときに使おうと思って買ったのですが,説明書には走行時には使うなと書いてあります。しかし,駐車しているときは車体全体にカバーをかけるのでこんなもの要らないし・・・,実際には雨天走行時に使ってみましたが別に問題はありませんでした。

 フットレストはネット利用で容易に買うことができます。取付も自分でできます。 他人を乗せると責任が重いですからなかなか自信が持てず,実際に後席に人を乗せたのは3000キロか4000キロの走行経験を積んだ後のことです。タンデムはやってみると意外に楽でした。ハーレーの車体が重くて(一人増えてもあまり変わらない),重心が低く(倒れにくい),シート髙も低く(両足べったりの安定感),エンジンの低速トルクもあるので(回転あげなくても普通に走る),タンデムするには比較的楽なバイクであろうと思います。

 タンデムのときに慣れが必要だったのは,発進するときに後ろの人と足が接触することです。信号待ちで地面に付いていた足を発進と同時に上に上げてステップに乗せますが,そのときにステップに乗っている後ろの人の足と接触してしまうのです。これは発進で足を上げるときに,前に進むバイクに対して自分の足が後ろに取り残されるために発生します。そこで,普段から発進するときには足を前に上げていく意識が必要です。

 本来はタンデムのときはリアサスペンションの調整もした方がいいのでしょうが,一人で乗っていても違いが良く分からないので無調整です。スポーツスター883Lはもともとサスペンションのストロークがとても短いのであまり違いが出ないのかもしれません(気がつかないだけという可能性の方が高いです)。

トップページへ

アーカイブ

2017

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

平成29年を振り返って

2017年を振り返ってみると,いくつもいい解決かできた年であったと思います。 双方の意見が違いすぎてとうてい成立が困難と思えた事件が2つ,途中から一気に話合いが進み合意,解決にいたることができました。相手の合意を得ることが不可欠な事件で,相手との

遺言者より先に遺言を受けるはずだった相続人が死亡した場合

遺言で子供の一人に遺産を残したのに,遺言者よりも先にその子供が死んでしまった場合,その遺言は無効になるのか?それとも,その子供のさらに子供が遺産を受けることができるのでしょうか?この問題については最高裁の判例があります。 最高裁平成23年2月22

公正証書遺言が錯誤により無効とされた例

さいたま地裁熊谷支部平成27年3月23日判決  遺言は公正証書で作っておいた方が形式的な間違いを防ぐことができるので,自筆証書遺言よりも安心ですが,公正証書で作成された遺言であっても無効になる場合があります。このケースでは錯誤無効であるとされまし

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2018 All rights reserved.