MENU

ハーレー スポーツスター883L

2017年9月18日

ハーレーに何時かは乗りたいと思っていました。数年前,ふとネットでハーレーの値段を見たところ,スポーツスターなら安い,手が届く。(当時は)ハーレーの中では一番小型の車種でしたが,自分の体格を考えるとスポーツスターが最適と思え,ハーレー購入計画がスタートしました。それから1年半,本当に買うか?どうしようか?置く場所は?車種は?と検討に検討を重ねた末,2005年式のスポーツスター883Lを入手しました。買う対象をスポーツスターに的を絞ると,次は年式です。2003年以前のリジッドフレームにするか,2004年以降のラバーマウントモデルにするかです。これは迷いましたが,結局,ラバーマウントモデルのL(ローダウンモデル)に決まりました。次にキャブレターにするかインジェクションにするかですが,知人に相談したところ,遊び車なのだからキャブの方が面白いよと言われてキャブ車と決まりました。ここまで決まると実は選択枝がほとんどありません。ラバーマウント,キャブレターのLは2005年と2006年の2年間しか作られていないのです。この条件に合う中古車は年に数台しか出てきませんでした。それをネットで見つけて実車を見に行き買ってきました。

実際に買うまでに1年半も研究期間があったので,買うときにはずいぶんとハーレーの操作に詳しくなっており,大して意外なことはなかったです。ただ,40年ぶりに乗るバイク(しかも乗ったことのないサイズ)で都内を横切って40㎞走って帰って来たときはちょっと怖かったです。交差点を曲がれるかどうかが心配で・・・

スポーツスターを買ってから最初のうちは練習のために町中やら国道やらを毎週走っていました。最初のうちは服装も慣れず,分からず,暑かったり,寒かったり,下手なことと相まって苦労ばかりでした。しかし,ハーレーが面白いことだけは間違いありませんでした。今までいろいろな趣味をやってきましたが,その中ではハーレーはメジャーな方なので嬉しいです。

ハーレーには大型のツーリングタイプもあり,高速道路で見かけるととてもうらやましいですが,あれは車重が360キロ以上はあり,そもそも私では駐車場から出せません。走らせることは出来るでしょうが,休憩のために駐車するだけでも一苦労しそうなので,私には向いていないです。比較的小型のスポーツスターが取りまわしが楽で,これなら走りに行きやすい。エンジンは883ccしかないので非力手すが一人乗りなら充分です。タンデムでも低速からトルクがあるので苦労はしません。燃費も良く,ツーリングならリッター30キロ,最低でも25キロでしょうか。燃費がいいのは,決して飛ばさないためでもあります。ネイキッドのバイクは高速になると風圧が大変なので,高速道路では基本的に80~90キロで走りたく,そのため第一通行帯を走る大型トラックの後ろを走ることも多いです。100キロ出していなくてもそれは前のトラックが遅いからだと思われるし,大型トラックの後ろに割り込もうとする車もいないし快適です。

相続弁護士横浜

アーカイブ

2018

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

療養看護型の寄与分が認められた例

療養看護型の寄与分について判断された事例をいくつか紹介します。  療養看護型というのは,相続人が被相続人の療養看護を行い,被相続人が看護人に依頼する費用を払うことを免れ,その分相続財産が多く残った,だから寄与分を認めようということです。  寄与

公正証書遺言の「口授」とは

事実関係を詳細に認定して「口授」を否定し公正証書遺言を無効とした判決があります。  東京高裁平成27年8月27日判決(判例時報2352号)  この事件では,遺言者は,公正役場を3回訪問して公証人と話をしていました。しかし,裁判所は遺言者の健康状

平成29年を振り返って

2017年を振り返ってみると,いくつもいい解決かできた年であったと思います。 双方の意見が違いすぎてとうてい成立が困難と思えた事件が2つ,途中から一気に話合いが進み合意,解決にいたることができました。相手の合意を得ることが不可欠な事件で,相手との

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2018 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.