MENU

債務不履行に基づいて遺産分割協議を解除できるか

2017年9月6日

普通の契約関係では,契約当事者の一方が債務を履行しない場合,その契約の相手方は債務不履行を理由として契約を解除することができます(必ずできるわけでもありませんが)。

 では,相続が発生してから相続人間で遺産分割協議を成立させたものの,相続人の一部が遺産分割協議で定まった債務を履行しなかった場合,債務不履行を理由として遺産分割協議自体を解除できるでしょうか。

 最高裁平成元年2月9日判決

 事案

 共同相続人のうちの一人が遺産を多くもらう代わりに,被相続人の妻と同居,扶養して身の回りの世話をすることなどを約束して遺産分割協議を行いました。しかし,その約束を守らないとして他の相続人が,民法541条により遺産分割協議を解除するとして裁判を起こしました。

 最高裁の判断

 最高裁は次のように言って遺産分割協議について債務不履行解除を否定しました。

 「共同相続人間において遺産分割協議が成立した場合に,相続人の一人が他の相続人に対して上記協議において負担した債務を履行しないときであっても,他の相続人は民法541条によって上記遺産分割協議を解除することができないと解するのが相当である。

 けだし,遺産分割はその性質上協議の成立とともに終了し,その後は上記協議において上記債務を負担した相続人とその債権を取得した相続人間の債権債務関係が残るだけと解するべきであり,

 しかも,このように解さなければ民法909条本文により遡及効を有する遺産の再分割を余儀なくされ,法的安定性が著しく害されることになるからである。」

 最高裁は,遺産分割協議を贈与契約や交換契約などの混合契約の一つとみるのではなく,相続人間の特別の合意であるという理論的理由と法的安定性という実質的理由から,遺産分割協議の債務不履行解除を否定したものです。 学説的には解除を肯定する説もありますが,最高裁判例がありますので,この判例理論と抵触する判断を裁判所に期待するのは難しいでしょう。

相続弁護士横浜

アーカイブ

2018

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

秘密証書遺言が無効とされた事例

東京地裁平成29年4月25日判決(判例時報2354)  秘密証書遺言というあまり使われない遺言について,84歳の遺言者の遺言能力がなかったとして無効とされた判決を紹介します。  秘密証書遺言とは(民法970条) 秘密証書遺言を作るには, まず,

療養看護型の寄与分が認められた例

療養看護型の寄与分について判断された事例をいくつか紹介します。  療養看護型というのは,相続人が被相続人の療養看護を行い,被相続人が看護人に依頼する費用を払うことを免れ,その分相続財産が多く残った,だから寄与分を認めようということです。  寄与

公正証書遺言の「口授」とは

事実関係を詳細に認定して「口授」を否定し公正証書遺言を無効とした判決があります。  東京高裁平成27年8月27日判決(判例時報2352号)  この事件では,遺言者は,公正役場を3回訪問して公証人と話をしていました。しかし,裁判所は遺言者の健康状

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2018 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.