MENU

自筆証書遺言に拇印を押したときの効力

2017年9月2日

自筆証書遺言によって遺言をするには,遺言者が,その全文,日付及び氏名を自書し,これに印を押さなければならない。」(968条1項)。

ここで「印」と言えば普通は印鑑(判子)を押すことですが,拇印を押した場合は有効なのでしょうか。正にこれが争点となった事件がありました。遺言書に印鑑の捺印はなく拇印が押してあった遺言書の効力が最高裁で争われました。

 平成元年2月16日最高裁判決

最高裁は拇印でも有効であると認めました。最高裁が拇印でも有効だと認めた部分は次のとおりです。

 「自筆証書によって遺言をするには,遺言者が遺言の全文,日付及び氏名を自書したうえ,押印することを要するが,右にいう押印としては,遺言者が印章に代えて拇指その他の指頭に墨,朱肉等をつけて押捺すること(以下「指印」という。)をもって足りるものと解するのが相当である。

 けだし,同条項が自筆証書遺言の方式として自書の他押印を要するとした趣旨は,遺言の全文等の自書とあいまって遺言者の同一性及び真意を確保するとともに,重要な文書については作成者が署名した上その名下に押印することによって文書の作成を完結させるというわが国の慣行ないし法意識に照らして文書の完成を担保することにあると解されるところ,

右押印について指印をもって足りると解したとしても,遺言者が遺言の全文,日付,氏名を自書する自筆証書遺言において遺言者の真意の確保に欠けるとはいえないし,

いわゆる実印による押印が要件とされていない文書については,通常,文書作成者の指印があれば印章による押印があるのと同等の意義を認めているわが国の慣行ないし法意識に照らすと,文書の完成を担保する機能においても欠けるところがないばかりでなく,

必要以上に遺言の方式を厳格に解するときは,かえって遺言者の真意の実現を阻害するおそれがあるものというべきだからである。」

自筆証書遺言の押印は実印である必要がないので認め印で足ります。実印というのは印鑑登録制度と相まってその印を持つ人が本人であることの有力な証拠となりますが認め印でいいならそれほどの強い意味はありません。そういう点も考慮しているのでしょう。 

トップページへ

アーカイブ

2017

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

平成29年を振り返って

2017年を振り返ってみると,いくつもいい解決かできた年であったと思います。 双方の意見が違いすぎてとうてい成立が困難と思えた事件が2つ,途中から一気に話合いが進み合意,解決にいたることができました。相手の合意を得ることが不可欠な事件で,相手との

遺言者より先に遺言を受けるはずだった相続人が死亡した場合

遺言で子供の一人に遺産を残したのに,遺言者よりも先にその子供が死んでしまった場合,その遺言は無効になるのか?それとも,その子供のさらに子供が遺産を受けることができるのでしょうか?この問題については最高裁の判例があります。 最高裁平成23年2月22

公正証書遺言が錯誤により無効とされた例

さいたま地裁熊谷支部平成27年3月23日判決  遺言は公正証書で作っておいた方が形式的な間違いを防ぐことができるので,自筆証書遺言よりも安心ですが,公正証書で作成された遺言であっても無効になる場合があります。このケースでは錯誤無効であるとされまし

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2018 All rights reserved.