MENU

安田弁護士のブログ

「相続のその他の問題」カテゴリの記事一覧

内縁の配偶者(妻,夫)は財産分与請求権を有するか

◇2017年09月04日◇

配偶者(妻や夫)は相続人になりますがそれは法律上の妻(戸籍上の妻)に限られます。したがって内縁の配偶者は連れ合いが亡くなっても相続権を有しません。全財産は連れ合いの法律上の相続人(子供や親、戸籍上の妻)が相続します。  これは争いようがないのです

続きを読む

いい弁護士を選ぶために

◇2017年08月31日◇

 相続(遺産分割)の問題が起きて弁護士に依頼するときはいい弁護士を選びたいところです。どうしたらいい弁護士を選ぶことができるでしょうか。  まず,いい弁護士というのはどういう弁護士でしょうか。  相続に詳しい弁護士  相続事件を扱う以上は相続

続きを読む

相続放棄の熟慮期間の起算点を相続債務の存在を知ったときとした例

◇2017年08月30日◇

被相続人が亡くなってから3ヶ月を超えて相続放棄をしたいときは必ず家庭裁判所が認めてくれるという保証はありません。この事件でも一審は相続放棄を認めませんでしたが,高裁は相続放棄を認めて相続人を救済しました。 福岡高裁平成27年2月16日決定  事

続きを読む

相続のときに必要ないろいろな手続

◇2017年01月22日◇

戸籍等の手続 ご家族が亡くなられたときは,次の様な書類や手続が必要になります。  死亡届,死体火葬許可申請書の提出  病院等で亡くなると死亡届と死亡診断書が一枚の紙に印刷されたものが交付されます。それを区役所等の戸籍課に提出します。そうすると

続きを読む

遺産(相続財産)に含まれる財産

◇2017年01月17日◇

遺産になるのは  被相続人の財産に属した一切の権利義務が相続の対象になります(民法896条)。具体的には被相続人(亡くなった方)の不動産,預貯金,株式,投資信託などの有価証券,債権,著作権等のプラスの財産の他に,債務(借金など)の全てを相続するこ

続きを読む

相続事件と弁護士の役割

◇2017年01月11日◇

弁護士ができること 弁護士は相続の法律相談で法的なアドバイスをします。相続事件について依頼を引き受けたときは,代理人としてご本人の代わりに他の相続人と話合いをしたり,家庭裁判所における調停や審判,裁判などに出席し,法律専門家として訴訟活動を行いま

続きを読む

ページトップへ行く

アーカイブ

2017

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

遺言者より先に遺言を受けるはずだった相続人が死亡した場合

遺言で子供の一人に遺産を残したのに,遺言者よりも先にその子供が死んでしまった場合,その遺言は無効になるのか?それとも,その子供のさらに子供が遺産を受けることができるのでしょうか?この問題については最高裁の判例があります。 最高裁平成23年2月22

公正証書遺言が錯誤により無効とされた例

さいたま地裁熊谷支部平成27年3月23日判決  遺言は公正証書で作っておいた方が形式的な間違いを防ぐことができるので,自筆証書遺言よりも安心ですが,公正証書で作成された遺言であっても無効になる場合があります。このケースでは錯誤無効であるとされまし

ハーレーに乗るスタイル

ハーレーの様なオートバイは趣味のものなので,誰でも乗るときは格好よく乗ろうと思っています。格好いいバイクに,格好いいジャケット,ブーツ,ヘルメット,そういうもので自分も格好よく乗るつもりなのです。  ハーレーに乗る人は大きく分けると二種類,街乗り

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2017 All rights reserved.