MENU

狛江の強盗致死事件犯人の刑は

2023年1月21日

東京の狛江で高齢の資産家を狙った強盗致死事件が起きました。
90歳の被害者に暴行を加えて死亡させるに至ったのは、思ったより現金が無かったので金のありかを言わせようとしたのか、金庫を開けさせようとしたのか事情は分かりませんが、何の恨みもない人に対する暴行としては激しすぎる気がします。目的が金ならば殺す必要はありません。犯人の中に乱暴な外国人がいるのかもしれません。
この事件の犯人が逮捕されて裁判で有罪となった場合、その判決は高い確率で無期懲役となります。強盗犯人が人を死亡させたときは刑法第240条により、死刑か無期懲役と法定刑がこの二つに決まっているので、強盗が人を死なせた事件の大部分は無期懲役となり、とくに悪質だと死刑になります。この二つの刑しか選択の余地がないのです。
また、無期懲役となった場合、刑期満了前の仮出獄も制度上は不可能ではありませんが、とても運用が厳しくなっているのが実情なので、少なくとも20年以上刑務所にいてそのうえ何かプラスアルファの事情がないと社会に出てくることは難しいでしょう。
人を死亡させたりケガさせたりしない単純な強盗だと、初犯なら5年(法定刑の下限)くらい、初めは強盗のつもりじゃなかったのに強盗になってしまったとかそういう事情によっては酌量減刑されて執行猶予もありえ、反対に連続強盗だったりすると重くなって数年の刑とか、その中に強盗致傷も混ざると10年とか、大雑把に言うとこんな量刑感覚になります。つまり強盗や強盗致傷だと5年から10年超えくらいまでの刑になることが多いところ、人が死んでしまうと無期懲役になり残りの一生のほとんどは刑務所で過ごすことになるのです。酒、女、賭け事、遊び、趣味、ネットサーフィン、スマホなど何もなく、その終わりも見えない生活です。法定刑がこのように重いのは、それだけこの犯罪を強く抑止する必要があるからです。

今回の強盗は数人の仲間がいたようですが、その全員が強盗致死罪の共同正犯として無期懲役になる可能性が高いです。90歳にもなってこんな被害にあった被害者も可哀相ですし社会に大きな不安をもたらした凶悪な事件なので早く解決して欲しいところです。

相続弁護士横浜

アーカイブ

2023

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●30年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

公正証書遺言が無効とされた平成11年地裁判例

東京地裁平成11年11月26日判決 公正証書遺言は公証人が立ち会って被相続人の遺言意思を確認して作成しますからそれが無効になることは滅多にありません。そもそも遺言書を確実に残すためにわざわざ費用をかけて公正証書にしたのですからそう簡単には無効にな

自筆証書遺言が有効であることの立証責任

自筆証書遺言が有効であることの立証責任  令和2年10月8日東京地裁判決 公証人が作成した公正証書遺言でもその有効性が問題になり判決で無効とされることがあります。自筆証書遺言の場合は有効性が争われることがずっと多く、判決で無効になることもしばし

自筆証書遺言と公正証書遺言

よく利用される二つの遺言 自分が死んだ後に子供たちが遺産で争うのを防ぐために遺言は作っておいた方がいいです。 遺言には、自分で書く自筆証書遺言(968条)と公証役場で作ってもらう公正証書遺言(969条)があります。遺言には他にも,秘密証書遺言(

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2024 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.