MENU

相続人廃除を認めた例

2020年10月20日

大阪高裁令和元年8月21決定 判例時報2443号

相続人の廃除
民法には、被相続人を虐待した者を、被相続人自身が推定相続人から廃除することを家庭裁判所に請求できるという制度があります(892条、893条)。廃除は被相続人が生きているうちに自分ですることですが、遺言で行うことも可能です。
虐待等をしたとして家庭裁判所が廃除を認めるためには被相続人がそう思っただけでは足りず、推定相続人が相続的協同関係ないし親族的信頼関係を破壊したと「客観的に」認められることが必要です。虐待といっても現実には小さいものは親子喧嘩みたいなものも多いでしょうしそこには親側の責任や挑発的行為もあり得ますから容易に認められるものではありません。遺言による廃除の問題が現実化するのは被相続人の死後が多いでしょうから客観的な証拠も少ないことが多く証拠集めが難しいです。
被相続人が資産家でその子どもがあまりにも酷い悪行を親に続けていて自分が死んだ後も心配だ、他の推定相続人に迷惑をかけるのではないかというのが法律が制定された当時に本来の想定されていた場面でしょう。                                   
この事件では一審となった家庭裁判所では廃除の請求を認めませんでした。しかし、控訴審である大阪高裁は廃除を認めました。一審と違いが出たのは、廃除された者が述べた暴力に至った経緯などの事実を認めなかったことと被相続人に与えた傷害の結果(全治約3週間を要する両側肋骨骨折、左外傷性気胸、4日間の入院)を重くみたことです。同じ事件で一審と二審で判断が分かれるというのは結果の予測も難しいことになります。

相続弁護士横浜

アーカイブ

2020

最新記事

横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

相続放棄の申述を認めた例

これまでよりも相続放棄の申述を広く認めた判決が出ましたので紹介します。 東京高裁令和元年11月25日決定(判例時報2450,2451号)平成29年に被相続人が死亡しました。相続人は被相続人の姉の子でした。平成31年,被相続人が所有していた不動産の

相続人廃除を認めた例

大阪高裁令和元年8月21決定 判例時報2443号 相続人の廃除民法には、被相続人を虐待した者を、被相続人自身が推定相続人から廃除することを家庭裁判所に請求できるという制度があります(892条、893条)。廃除は被相続人が生きているうちに自分でする

将来備え1 任意後見契約

歳を重ねていくと自分の残りの人生の先が段々と見えてくるようになります。生きられるのはあと何年か?そのうち元気でいられるのはどのくらいか?他人事と思っていた寿命という避けられないものが自分の目の前に出てきます。いつ死ぬかは分かりませんが将来、認知症に

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2021 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.