MENU

相続弁護士横浜のトップ > 弁護士の紹介

弁護士の紹介

代表弁護士 安田 英二郎(横浜弁護士会所属)

昭和31年生まれ
神奈川県出身

趣味
自転車、ハーレー、飛行機、木工、カメラ、バラの栽培 、スキー

休日の過ごし方
数年前から庭でバラを育てています。ピエール ド ロンサール,オフィリア,新雪,ブルームーンなど

 

*横浜弁護士会は平成28年4月から神奈川県弁護士会に名称が変更されました

【経歴】
1991年 横浜弁護士会【平成28年4月から神奈川県弁護士会に名称が変更されました】に弁護士登録 1996年 独立して他の弁護士と共同事務所を始める 2007年 現在の事務所で、個人の弁護士事務所をスタートさせる

平成16年から横浜市金沢区にある関東学院大学法科大学院の教授に就任し、平成31年3月31日まで刑事の実務教育科目を担当していました。(刑事法、刑事裁判実務、刑事訴訟実務の基礎、刑事法総合、刑事模擬裁判))

民事事件中心の弁護士ですが、刑事事件の扱いも多く、横浜弁護士会の刑事弁護センター運営委員会委員が長かったため、刑事系教員となっています。どこの法科大学院の授業と比べても遜色のない授業を提供しているつもりです。もっと合格して欲しいところです。法曹志望者の総数が減った分、合格しやすくなっているので頑張って欲しいところです。

澤田弁護士

出身地

東京都新宿区

趣味

スポーツ観戦、とくに野球観戦、旅行、温泉巡り、お菓子作り

休日の過ごし方

源泉かけ流しの温泉に行く、美味しいものを食べに行く、良く寝る

特技

飲み会の企画・幹事、食べログに負けないグルメ情報を持っている(関内周辺限定)、思い立ったらすぐ行動すること

準備中です

只今準備中です。もう暫くお待ちください。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

〒231-0011 横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号

JR関内駅(北口)より徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩5分
みなとみらい線馬車道駅より徒歩5分
みなとみらい線日本大通駅(県庁口)より徒歩5分


>> 詳しい道程はこちら


横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

高齢者の売買が意思能力欠如で無効に

東京地裁平成26年2月25日判決(判例時報2227号) 高齢者といえども不動産を売るなどの行為はすることができます。ただし、契約などの重要な行為をするためには「意思能力」が必要です。意思能力というのは、行為の結果(それによって自分の権利・義務が変

相続後にマンションを建てて占有していたが取得時効が認められなかった例

大阪高裁平成29年12月21日判決(判例時報2381号) 共同相続人の一人が遺産の土地上にマンションを建てて占有したので時効取得を主張したけれども認められなかった例。 事案 昭和37年に被相続人が亡くなり,相続人は妻と5人の子どもたちでした。

遺留分権利者が占有する建物の明渡し請求

遺留分権利者が占有する建物を金銭を払って明渡請求する 東京高裁平成28年6月22日判決(判例時報2355号)   法律的な問題点 遺言によって建物を単独で所有することになった相続人が,その建物を占有する他の相続人に対し,裁判所が定める価額を

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2019 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.