MENU

相続弁護士横浜のトップ > 料金

料金

法律相談料金

初めての法律相談(初回相談)の場合に限り,とくに時間の制限はなく、消費税を含めて5,000円で法律相談を行います。

2回目以降の法律相談の料金は、30分ごとに5,000円と消費税が必要です。法律相談をした後で事件を実際に委任するかどうか決めてください。法律相談当日に決める必要もありません。事務所によっては相談時に契約を強く勧める所もありますが、そういうこともありません。

事件を依頼するときに必要な弁護士費用

弁護士に事件を依頼するときは着手金と報酬金が必要です。

着手金

事件を依頼をするときに必要なのが着手金です。着手金の金額は目的の経済的利益の額に応じて決まります(表を参照)。表によって計算した着手金の金額が高くなりすぎる場合には、着手金は低めの金額として事件終了時の報酬で清算するようにします。着手金の最低金額は、10万円(+消費税)です。弁護士報酬については相談や着手時に説明しますので分からないことはお聞きください。

報酬金

示談成立、和解、判決が出た場合などのときに報酬金が発生します。これは成功報酬なので、たとえば500万円を請求していたところ、結局、300万円の判決だった場合は300万円を基準として報酬を計算します。また、経済的利益の額を基準とすることが不合理な場合には事務量や期間等を考慮して修正する場合もあります。

民事事件の着手金と報酬金は次の表が基準になります。他に消費税が必要です。

経済的利益の金額 着手金 報酬金降
~300万円 8% 16%
300~3,000万円 5%+9万円 10%+18万円
3,000万~3億円 3%+69万円 6%+138万円
3億円以上 2%+369万円 4%+738万円

地方裁判所の判決を受けた場合にはそこで一旦事件は終了となります。控訴によってさらに高等裁判所での裁判を受任するときには、もう一度着手金が必要になりますが、この場合も既にいただいてある着手金を考慮しますので、着手金が2倍必要ということではありません。

その他の費用(実費)

着手金と報酬金の他には、実費(交通費、通信費、印紙代など)が必要です。 神奈川、東京、千葉、埼玉よりも遠方の裁判所に行く場合には他に日当が必要になります。

まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらからどうぞ。

〒231-0011 横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号

JR関内駅(北口)より徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅より徒歩5分
みなとみらい線馬車道駅より徒歩5分
みなとみらい線日本大通駅(県庁口)より徒歩5分


>> 詳しい道程はこちら


横浜の相続案件につよい弁護士 安田法律事務所

●JR関内駅徒歩5分
●20年以上の実績
●お気軽にお問合わせください

相続関係の最新情報

秘密証書遺言が無効とされた事例

東京地裁平成29年4月25日判決(判例時報2354)  秘密証書遺言というあまり使われない遺言について,84歳の遺言者の遺言能力がなかったとして無効とされた判決を紹介します。  秘密証書遺言とは(民法970条) 秘密証書遺言を作るには, まず,

療養看護型の寄与分が認められた例

療養看護型の寄与分について判断された事例をいくつか紹介します。  療養看護型というのは,相続人が被相続人の療養看護を行い,被相続人が看護人に依頼する費用を払うことを免れ,その分相続財産が多く残った,だから寄与分を認めようということです。  寄与

公正証書遺言の「口授」とは

事実関係を詳細に認定して「口授」を否定し公正証書遺言を無効とした判決があります。  東京高裁平成27年8月27日判決(判例時報2352号)  この事件では,遺言者は,公正役場を3回訪問して公証人と話をしていました。しかし,裁判所は遺言者の健康状

当事務所について

お問い合わせはこちら

営業時間
月~金曜 AM9:30~PM17:00
定休日 土日祝

アクセス

〒231-0011
横浜市中区太田町3-36
クリオ横浜関内壱番館204号 JR関内駅(北口)徒歩5分
横浜市営地下鉄関内駅 みなとみらい線 馬車道駅及び日本大通駅(県庁口)徒歩5分

>> 詳しい道程はこちら


© 2018 相続 弁護士 横浜なら安田法律事務所 All rights reserved.